iPhone 6 SIMフリーモデル(A1586)で海外5ヶ国のプリペイドSIMを試してみた!!

photo credit: John.Karakatsanis via photopin cc

photo credit: John.Karakatsanis via photopin cc

 

どうも、TABI Hackerです。2ヶ月ぶりの更新です。

仕事やプライベートでたまたま色々なことが重なって、海外渡航が続いていました。行った先々で現地のプリペイドSIMを買って、iPhone 6(モデルA1586)で使ってみたのでレポートします。なお、iOSのバージョンは、8.1.1です。

 

フィリピン: Globe → OK

GlobeというブランドのプリペイドSIMを試しました。マニラの空港で自販機で売っていたのですが、SIMカードのサイズが標準サイズとマイクロサイズしかなかったので(iPhone 6はナノサイズ)、マニラ市街のセブン-イレブンで買いました。結局セブン-イレブンでも標準サイズかマイクロしかなかったのですが、ハサミを借りてその場で自分でナノサイズに切り取りました。

タイやインドネシアだと、コンビニや雑貨店の店員さんがちょうどよいサイズに切ってくれるのですが、フィリピンではハサミで切ってサイズ調整するというのが一般的でないようで、サイズが合わないからと初めは売ること自体拒否されました。自己責任で切って使うから売って欲しいと頼んで、ようやく買うことができました。それで、ハサミでサイズ調整してiPhoneに入れたら問題なく認識され、無事にデータ通信も通話も行えました。セブン-イレブンの店員さんは驚いていました。

細かいことは忘れてしまったのですが、APNの設定はSIMカードを入れたら自動的にされていたと思います。もし、自動設定されない場合は、設定アプリから、モバイルデータ通信→モバイルデータ通信ネットワークと設定画面に行き、モバイルデータ通信のAPNのところに「http.globe.com.ph」と入力すればOKのはずです。

SIMカード本体の価格は忘れてしまったのですが、たしか100ペソ(約270円)くらいだったと思います。データ通信 と通話の料金は、300ペソ(約800円)分のカードを合わせて購入しTop up(チャージ)しました。やり方はカードの裏に書いてありますが、通話アプリで223に電話し、カードの裏をスクラッチして出てきたCard No.を入力して#、その後カードの裏をスクラッチして出てきたCard PINを入力して#、です。
223 → 通話ボタン→Card No.# → PIN#
通信方式はたしか3Gで、特別速くもなく遅くもなくといった感じでした。マニラ市内の一部にしか行きませんでしたが、電波の届き具合は良好でした。

 

タイ: AIS Freedom 3G → OK

AISというキャリアのFreedom 3GというSIMを試しました。これは、以前iPhone 4Sで使っていたもので、やはり、自分でハサミで切ってサイズ調整しました。買ったのは、バンコクのセブン-イレブンかファミリーマートです。

SIMカード自体は50バーツ(約180円)でした。データ通信、通話料金などはコンビニなどで別途支払い、Top upします。Top upのやり方は忘れましたが、お店の人にお願いすればやってくれると思います。また、街中にあるAISショップでも、もちろんTop upできます。Top upする金額はスマホの使い方次第ですが、僕の場合100バーツ(約360円)分で2週間くらいはもちます。

APNの設定はSIMカードを入れたら自動的にされました。もし、自動設定されない場合は、設定アプリから、モバイルデータ通信→モバイルデータ通信ネットワークと設定画面に行き、モバイルデータ通信のAPNのところに「internet」と入力すればOKのはずです。

通信方式は3Gで特にストレスもなく使えます。バンコクでもパタヤでもプーケットでもサムイ島でも電波の届き具合は良好でした。

なお、旅行者用パッケージ版なら日本でも購入できます。タイ到着後のスケジュールが詰まっている場合は、事前に用意しておくと良いと思います。

タイで7日間3Gデータ通信&100B分の通話付き!AIS 1-2 Call 3G TRAVELLER Simカード japaemo製マイクロSIMアダプター付!

新品価格
¥2,180から
(2014/12/21 19:43時点)

 

マレーシア: Maxis HOTLINK → OK

MaxisというキャリアのHOTLINKというSIMを試しました。クアラルンプール空港の第二ターミナル(KLIA2)の税関を抜けた目の前にあるMaxisショップで買いました。店員さんにiPhoneを渡すとその場でSIMカードをナノサイズに切って、入れ替えてくれました。APNの設定などはしていなかったので、カード挿入で自動的に設定されたのだと思います。

マレーシアではSIMカードを購入する際に、パスポートを提示する必要があるので、準備してください。

価格は、SIMカード本体にデータ通信450MB、通話料5リンギット(約170円)分ついて19リンギット(約650円)だったと思います。途中でプリペイド分が空になったので、街中のショッピングセンター内にあったMaxisショップでカードを買い、Top upしました。10リンギットでデータ通信450MB分です。やり方はカードの裏に書いてあります。マレー語ですが、なんとなくわかると思います。通話アプリで*111*を入力し、続いてカードの裏をスクラッチして出てきた16桁のPINを入力し、最後に#を入力し、通話ボタンを押します。

*111*16桁のPIN#通話ボタン

もしくは、Hotlink REDという無料アプリからもできます。このアプリからは残高確認などもできて便利です。

通信方式はLTE(4G)なのですが、なぜかあまり速くなく、他国の3Gと同じかむしろそれより遅いくらいでした。クアラルンプール近郊では、電波の届き具合は良好でした。

 

シンガポール: SingTel hi!Card → OK

SingTelというキャリアのhi!CardというSIMを試しました。これは、以前iPhone 4Sで使っていたもので、自分でハサミで切ってナノサイズに調整しました。買ったのは、シンガポールのSingTelショップです。

シンガポールでもSIMカードを購入する際に、パスポートを提示する必要があるので、準備してください。

様々な価格のものが売られているのですが、大抵の人はSGD15のものを買っておけば間違いないと思います。これにはあらかじめSGD18分がTop upされていて、通話とデータ通信ができるようになっています。

ただし、このままだとデータ通信がかなり割高で、上記のSGD18がすごい勢いで減っていきますので、データプランを購入することをオススメします。

データプランは、http://hi.singtel.com/welcome.doから、自分のアカウントにアクセスして購入します。色々なプランがあるのですが、例えば、SGD15で3日間有効な6GBプランや、SGD7で7日間有効な1GBプランなどがあります。僕の場合、普段1ヶ月に1GBくらいしか使わないので、旅先で調べ物をたくさんすることを考慮しても、7日間で1GBあれば十分です。例えば、このプランをSGD7で購入すると、上記のSDG18がSDG11に減り、残りSGD11を通話に使うことができます。

足りなくなったら、上記サイトからオンラインでTop upやデータプランの購入をすることもできます。支払いはクレジットカードです。また、市内のあちこちにあるSingTelショップでもTop upできますし、コンビニや雑貨店でTop up用のカード(様々な金額のものがある)を購入することもできます。カードを買った場合もやはり上記サイトからTop upします。残高の確認も上記サイトからできます。

ちなみに、僕はシンガポールに行くことが多く頻繁にTop upしているのですが、毎回オンラインで行なっています。

通信方式は3Gで特にストレスもなく使えます。僕はシンガポール南部は東から西まであちこち行ったことがあるのですが、電波の届き具合はどこでも良好でした。

 

アメリカ: Red Pocket MOBILE → NG

Red Pocket MOBILEというMVNOのSIMを試しました。現地の雑貨店で購入しました。有効期間15日、100MBのデータ通信と米国内の無制限通話つきでUSD30(約3600円)だったと思います(高い!!)。サイズはナノサイズのものがありました。

iPhone 6に入れるとSIMの認識までは問題なく行くのですが、残念なことにデータ通信も通話も全くできませんでした。付属の説明書に書いてある通りにアクティブ化やAPN設定などやってみたり、ネットで調べて設定を変えてみたりしたのですが、全くダメでした。

iPhone 6に対応と書いてあったのですが、もしかしたら、まだiOS8.1に対応していなかったのかもしれません。価格が高かっただけに、ショックが大きかったです。

結局アメリカ滞在中はそれ以上SIMカードを試すことなく、フリーWiFiで過ごしました。

なお、アメリカは東南アジアなどに比べるとSIMカードを売っている店が少ないようで、販売店を探したりそこまで行ったりするのが大変だったので、事前に日本で用意しておくことをオススメします。アメリカ用だと、以下の2種類が評判が良いようです。

アメリカ Ready プリペイド SIM アクティベーションが簡単! (通話とSMS、データ通信1GB 14日間)

新品価格
¥4,980から
(2014/12/21 19:58時点)

AT&T 3G プリペイド Micro SIMカード 【SKU 72290】 ナノSIMカット 並行輸入品

新品価格
¥1,260から
(2014/12/21 20:02時点)

 

さいごに

やはり、現地のSIMカードを使えると格安でインターネットや通話ができ、非常に便利です。特に東南アジア各国では、1週間たっぷり使っても1,000円前後ですみます。

国内3大キャリアの海外パケット放題も便利なサービスですが、25MBまで1,980円/日、25MB以上2,980円/日というのはやはり高いです・・・。

海外に行く機会が多い人は、iPhone 6に限らず、SIMロックされていないスマホを用意することをオススメします。

 

では。

 

2015年 1月22日追記

僕は10月にアップルストアでSIMフリー版のモデルA1586(64GB)を購入しましたが、現在は残念ながら国内のアップルストアでは販売が中止になっています。SIMフリー版のモデルA1586が欲しい場合は、Amazonや楽天でまだ何点か売っているようなので、早めに入手したほうが良さそうです。特に、人気のスペースグレーは今日の時点では楽天にしか置いてなさそうです。価格は割高ですが・・・。

【国内版SIMフリー】 iPhone 6 64GB シルバー 白ロム Apple 4.7インチ

新品価格
¥108,000から
(2015/1/22 20:15時点)

Apple iPhone6 64G 4.7インチ液晶 9月18日新発売  Appleストアー販売商品 未使用新品 完全SIMフリー端末 【国内 SIM/海外SIMも利用可能】

価格:149,904円
(2015/1/22 20:26時点)
感想(0件)

Sponsored link  

このページの先頭へ