【比較表付き】SIMフリー版iPhone 6は日本販売のモデルA1586、A1524が最強

photo credit: John.Karakatsanis via photopin cc

photo credit: John.Karakatsanis via photopin cc

 

TABI Hackerです。

iPhone 6、ついに発表になりましたね。事前の予測通り大画面化。

今回はiPhone 6のSIMフリー版についてです。キャリア版より遅れて発売かと思っていましたが、同時発売でしたね。オンラインのApple Storeなら9月12日(金)から予約注文できます。

海外に行くときはSIMフリーのスマホがあれば、現地のプリペイドSIMを使うことができるのでとても便利です。

もちろん、国内ではdocomo、au、SoftbankのSIMカードが使えるはずですし、MVNOの格安SIMカードという選択肢も出てきます。

 

対応する通信方式と周波数帯が気になる

大画面化も嬉しいですが、僕が一番気にしていたのは、SIMフリー版の対応通信方式と周波数帯についてです。

iPhone 5C、5Sはそれぞれ6モデルずつあり、販売する国や地域によってモデルが異なり、対応する通信方式や周波数帯も異なっていました。3GについてはGSMかCDMAのどちらか一方にしか対応していないモデルがあったり、4G(LTE)についてはモデルごとに対応する周波数帯が異なっていたりという状況でした。

僕は海外で現地のSIMカードを挿して使うことが多いため、iPhone 6ではSIMフリー版を購入しようと思っています。最大の関心事は、どの国で売っているモデルを買うのがベストかということです。

先日のiPhone 6の発表までは、おそらくiPhone 5C、5Sとあまり変わらないだろうから守備範囲の広い日本版か香港版が良いかな、なんて思っていました。

 

日本で販売のモデルA1586、A1524は対応する通信方式や周波数帯が最強!

それで、iPhone 6の発表後、Appleのwebサイトで調べてみました。結論から言うと、日本で販売するモデルA1586、A1524を買うのがベストです。

モデルA1586はiPhone 6、A1524はiPhone 6 Plusを指します。

下表は管理人TABI Hackerが以下のサイトを参考にして作成したものです。

http://www.apple.com/iphone/LTE/
http://store.apple.com/jp/buy-iphone/iphone6
http://www.amazon.co.jp/【海外版SIMフリー】Samsung-GALAXY-ギャラクシー…

iPhone 6、6 Plusはそれぞれ3モデルずつになり、表の通り日本販売モデル(A1586、A1524)が他のモデルの守備範囲をすべてカバーしています(他のモデルの存在意義が今ひとつわかりません)。また、Galaxyの最新版モデルであるS5に比べても、通信方式と周波数帯の守備範囲に関してはiPhone 6がかなり上回っています。

iPhone6_Sim_free

使う国・地域とキャリアが決まっているのなら、そこまで守備範囲にこだわる必要はないと思いますが、旅行好きで色々な国・地域に行く場合は守備範囲は広いに越したことはないと思います。

ちなみに、日本版と香港版は同一モデルになりました。

というわけで、僕は迷うことなく日本版SIMフリー機を買うことにします。

 

中国系の人たちが大画面化を高く評価している!?

余談ですが、先日シンガポールに行った際に、街中でiPhoneよりもGlaxyやXperiaなどの大画面スマホのほうが目につきました。何故だかわかりますか?

僕も気になって調べたのですが、中国系の人は画面の大きさを重視するそうです。

それで、今回のiPhoneの大画面化(特にiPhone 6 Plus)は中国市場をターゲットにしているそうです。

実際、僕の周りでも中国出身の人も、東南アジア出身の華僑の人も大画面化を非常に高く評価しています。例えば、iPhoneの小さな画面がイヤでGalaxyに移った中国人の友人がいますが、彼は数ヶ月前からiPhone 6の発表を心待ちにしていました。どうやら、iPhoneのブランドや使い勝手は高く評価するけど、画面が小さいのが我慢できないという人が多いようです。

というわけで、大画面化を機に、中国や東南アジアではこれからiPhoneのシェアが伸びていくのではないかと思います。

 

さいごに

以前の投稿(SIM下駄についてその1SIM下駄についてその2APN設定について)でも書きましたが、海外で現地のプリペイドSIMを使えると非常に便利です。海外に行く機会が多い人は、SIMフリー版の購入を検討してみると良いと思います。

僕はSIMフリー版を購入しますが、iPhone 6にするか6 Plusにするか悩んでいるところです。これは実機を触ってから決めたいと思っています。

では。

 

2015年 1月22日追記

僕は10月にアップルストアでSIMフリー版のモデルA1586(64GB)を購入しましたが、現在は残念ながら国内のアップルストアでは販売が中止になっています。SIMフリー版のモデルA1586が欲しい場合は、Amazonや楽天でまだ何点か売っているようなので、早めに入手したほうが良さそうです。特に、人気のスペースグレーは今日の時点では楽天にしか置いてなさそうです。価格は割高ですが・・・。

【国内版SIMフリー】 iPhone 6 64GB シルバー 白ロム Apple 4.7インチ

新品価格
¥108,000から
(2015/1/22 20:15時点)

Apple iPhone6 64G 4.7インチ液晶 9月18日新発売  Appleストアー販売商品 未使用新品 完全SIMフリー端末 【国内 SIM/海外SIMも利用可能】

価格:149,904円
(2015/1/22 20:26時点)
感想(0件)

Sponsored link  

このページの先頭へ