シンガポールSingTelでiPhone 5と「R-SIM 9 PRO」を使うときの注意点

photo credit: Singapore via photopin (license)

photo credit: Singapore via photopin (license)

 

TABI Hackerです。

以前、SIMロック版iPhone5と「R-SIM 9 PRO」でシンガポールSingTel社のhi! Prepaid Simが使えたという記事を書いたのですが、使えないケースが発覚しました。

 

$38 4G hi! SIM Cardは認識しない

今回、SingTelの「$38 4G hi! SIM Card」のナノサイズをiPhone 5とiPhone 5Cの2台で試しました。

iOSはどちらも8.1.2で、SIM下駄はR-SIM 9 PROです。

残念ながら、2台ともSIMカードを認識しませんでした。

R-SIM 9 PROの個体差も疑い、現在別のSIMカードで使用中のもの1枚と新品2枚を試しましたが、やはりどれで試しても認識しませんでした。

というわけで、R-SIM 9 PROは「$38 4G hi! SIM Card」には非対応のようです。

 

$15 hi! SIM Cardは認識する

以前の記事でiPhone 5とR-SIM 9 PROで認識すると書いたSIM Card(現在iPhone 5で使用中)を改めて確認したところ、「$15 hi! SIM Card」のナノサイズでした。

というわけで、これから購入してR-SIM 9 PROと一緒に使おうと思っている人は、「$15 hi! SIM Card」の購入をオススメします。

なお、hi! SIM Cardには、現在下記の5種類があります。

  • $8 hi! SIM Card
  • $15 hi! SIM Card
  • $28 4G hi! SIM Card
  • $38 4G hi! SIM Card
  • $50 4G hi! SIM Card

上2つが3G対応、下3つが4G対応です。

恐らく、SIMカード自体は上2つ、下3つがそれぞれ同一のものだと思います。

金額の違いは、あらかじめアカウントに入金されている金額の違いだけだと思います。

 

iPhone 4SとSMART KINGでは認識する

せっかく買った$38のSIMを無駄にするのはもったいないので、iPhone 4Sでも試してみました。iOSは7.0.3、SIM下駄はKing Mobileの「SMART KING」です。ちなみに、この組み合わせで$15 hi! SIM Cardは使えています。

iPhone 4SはマイクロサイズのSIMトレーなので、$38のナノサイズSIMはセロテープで固定しました(笑)。

結果、何の問題もなく認識して、通話もデータ通信もできました。

というわけで、iPhone 4SとSMART KINGの組み合わせでは、$15 hi! SIM Cardも$38 4G hi! SIM Cardも使えました。

iPhone5/5S/5C/4S R-SIM9 PRO SIMロック解除アダプタ 初期不良保証あり

新品価格
¥700から
(2015/2/24 23:46時点)

【ios7にも対応】最新バージョン R-SIM9  iPhone5S 5C 5 最新バージョン対応 DOCOMO AU SOFTBANK R-SIM9 Unlock Nano-SIM ロック 解除 r-sim9 操作簡単 R-SIM9 GPP gevey関連品(1622-00)

価格:1,000円
(2015/2/24 23:37時点)
感想(5件)

Kingmobile 【SIMロック解除アダプタ】 iOS8対応 au版iPhone4S専用 Smartking-au

新品価格
¥1,728から
(2015/2/24 23:46時点)

Sponsored link  

このページの先頭へ