中国等ネット検閲が厳しい国でもSNSや動画サービスを利用できる!「セカイVPN」に申し込んでみた

photo credit: Alvy via photopin cc

photo credit: Alvy via photopin cc

 

どうも、TABI Hackerです。

インターネット上のサービスを利用する際、アクセス元のIPアドレスで制限を受けることがありますよね?

例えば、中国からはFacebookやYouTubeにアクセスできない、日本国外からはGyaoにアクセスできないなどです。

また、日本から自分の好きなブランドの海外webサイトにアクセスできなかったりすることもあります。例えば、価格などを比較しようとアメリカ版のwebサイトにアクセスしようとしても、勝手に日本版のサイトに繋げられたりします。

この手の問題を解決するVPNサービスについて以前より気になっていたのですが、先日「セカイVPN」というサービスに申し込んでみましたので紹介します。

 

VPNとは?

VPNとは、Virtual Private Networkの略で、インターネット上に仮想のプライベートネットワークを作る技術のことです。下記はWikipediaからの引用です。

Virtual Private Network(バーチャル プライベート ネットワーク、VPN)または仮想プライベートネットワーク(かそうプライベートネットワーク)は、インターネットのようなパブリックネットワークを跨ってプライベートネットワークを拡張する技術である。 VPNによってコンピュータはパブリックなネットワークを跨って、まるで直接接続されたプライベートネットワークにつながっているかのようにプライベートネットワークの機能的、セキュリティ的、管理上のポリシーの恩恵を受けつつデータを送受信できる。 これは2つの拠点間で、専用の接続方法や暗号化を用いることにより仮想的な接続をつくり上げることで実現される。(Wikipediaより引用)

 

「セカイVPN」では、日本、アメリカ、香港、ドイツのVPNサーバーを使える

セカイVPNは、インターリンクという日本の企業が提供するサービスです。

⇛ インターリンク社「セカイVPN」

日本、アメリカ、香港、ドイツにVPNサーバーが置かれており、自分の端末をそれらに接続して使います。接続することで、各国のIPアドレスでの インターネットアクセスが可能になります。VPN接続後のインターネットアクセスは、全てVPNサーバーを経由になります。

似たようなことを行なう手段として、無料のプロキシサーバーを使うという手もありますが、セキュリティ上不安があったり、速度が遅かったりするので僕は避けています。

安心して使えそうな有料サービスでは、海外から日本のIPアドレスを使えるというものは結構見かけるのですが、他の国のIP アドレスも使えるというのはあまり見当たらず、この点はセカイVPNの大きな特長のようです。

対応OSは、Windows、MacOSX、iOS(iPhone.iPad)、Android、Linux。使用する端末がこれらのOSで動いているものであれば、問題なく使えるはずです。僕は、MacOSXとiOSで試しましたが、もちろん問題なく使えました。通信が遅くなったりすることもなく、サクサク使えてます。

また、1アカウントで3台まで同時接続可能だそうです。

 

何ができるようになるのか?

インターリンク社のWebサイトを見ると、以下のようなことが可能になると書いてあります。

  • IPアドレスにより利用制限されているインターネットサービスやコンテンツの利用
  • 中国などのネット規制が厳しい国から、Facebook、Twitter、Youtube、Instagram、動画サービス等へのアクセス
  • 海外から日本国内限定のサービス(オンデマンドサービスなど)の利用
  • 海外限定のサービス(オンデマンドサービスなど)の利用
  • 掲示版のアクセス規制の回避
  • ホテルやカフェの無料Wi-Fiスポットなど、セキュリティ(通信の盗聴)に不安のあるネットワークからの安全なインターネット利用

海外に住んでいる人や、海外に行く機会が多い人にとってはかなり便利なサービスだと思います。また、日本から海外限定のサービスを利用する人にとっても便利なサービスだと思います。

僕も、先日海外に行った際にセカイVPNを使ってGyaoにアクセスしてみましたが、動画でも快適に視聴できました。

 

最大2ヶ月間無料、月額¥1,080、いつでも退会可能

僕がセカイVPNを選んだ大きな理由の一つが、無料体験期間があるところです。この手のサービスは、自分の環境で問題なく利用できるか試してから、本格的に利用したいものです。

セカイVPNは良心的で、開始日から翌月の末日まで無料で使えるそうです。つまり、ある月の1日に入会すれば、丸々2ヶ月間無料です。また、退会はいつでも可能で、違約金などもかからないそうです。さらに退会手続きはオンラインでできるそうです。

月々の料金も¥1,080と高くありません。

 

さいごに

ネットで検索したところ、有料/無料のVPNサービスが色々出てきたのですが、運営会社情報などが書かれていないものが多かったです。速度やセキュリティなどのサービスクオリティに関係すると思うので、僕は素性のはっきりしないサービスは避けることにしました。

今回僕が調べた範囲では、インターリンク社のサービスが一番安心して使えそうでした。その上、複数の国のIPアドレスを使えるということで、セカイVPNに申し込んでみました。

今度中国に行ったら、動作状況などレポートしようと思います。

 

なお、もう一つ良さそうなサービスとして、シリコンバレーのベンチャー企業AnchorFree社の「Hotspot Shield」というのがあります。

このサービスは、無料版は無期限で使えるのですが、アメリカのVPNサーバーしか使えなかったり、ブラウザの上部に広告が常に入ったり、通信容量の大きいサイトに接続できなかったりします。これらの問題は、年間USD29.95の有料版に申し込めば解消するらしいのですが、僕はまだ試していません。また、有料版で解消するのかわからないのですが、無料版ではネット接続が明らかに遅くなりました(上にも書きましたが、セカイVPNは無料版でもサクサク接続できました)。

今回申し込んだセカイVPNの無料体験で問題があれば、Hotspot Shieldの有料版を試してみようと思っています。

では。

Sponsored link
 

このページの先頭へ