快適・格安!タイ航空のA380エコノミークラスがオススメ

 

TABI Hackerです。

先日タイ航空のエアバスA380機に乗ったのですが、コレがまた快適だったのでレポートします。

A380はエアバス社の誇る、世界最大(たぶん)の旅客機で総2階建てです。タイ航空の場合、ファーストクラスからエコノミークラスまで合わせて507席もあります。

 

成田発着が1日2往復、関空発着が1日1往復

日本への乗り入れは、成田発着が1日2往復、関空発着が1日1往復です。

成田発着

  • TG641 成田 10:45発 → バンコク 15:45着
  • TG677 成田 17:30発 → バンコク 22:30着
  • TG676 バンコク 08:00発 → 成田 15:50着
  • TG677 バンコク 22:35発 → 成田 翌07:35着

関空発着

  • TG623 関空 11:00発 → バンコク 15:45着
  • TG622 バンコク 23:15発 → 関空 翌06:25着

 

エコノミークラスでも快適

エコノミークラスの座席は、ピッチ81cm、幅45cmと数値的には割と普通ですが、おそらく席そのものが薄めに作られていたり、テーブルなどの作りが工夫されていたりして、ゆったりと座ることができました。約6時間半のフライトは快適でした。

今回、僕が特に気に入ったのが、搭乗後すぐから飛行機を降りる直前までビデオを試聴できたことです。通常、離陸して30分後から着陸30分前くらいまでの間しかビデオを見られないと思いますので、離陸前、着陸後の時間も合わせると、他の便に比べて映画1本分ほど長い間見ることができます。

あとは、僕が乗った時がたまたまそうだったのかもしれませんが、座席数が多いため比較的空席が多かったです。僕の隣も空席でさらにゆったり過ごすことができました。

 

低価格

さらにさらに、今回僕がこの便を利用したのは、色々検索した中でこの便が最安価格だったからです。今回は、東京―バンコク―シンガポールという旅程で、出発の前日か前々日にネットで検索して購入したのですが、エアアジアなどのLCCや中国系の航空会社よりも安く済みました。

ただ、価格についてはシーズンや曜日、チケット検索時期などの影響も大きいので、たまたまラッキーだった可能性が高いです。

 

チケット検索はSkyscannerがオススメ

ちなみに、チケット検索はSkyscannerを使いました。色々なサイトがありますが、価格、使いやすさ、検索力を考えるとSkyscannerが抜群だと思います。

で、Skyscannerを使うときのTipsが一つあります。画面右上にある国設定をいくつか変えて検索してみてください。デフォルトでは、アクセス元IPアドレスの国に設定されていますが、マウスで選ぶだけで変更することができます。忘れないうちに一度設定を触ってみることをオススメします。

最低でも出発国と到着国での設定は試してみたほうが良いです。デフォルト設定での検索では引っかからなかったチケットが出てきたり、同じ便でもより低価格の販売サイトが見つかったりします。あとは、東南アジア方面であれば、シンガポールサイトの検索力が高いです。また、ヨーロッパ方面であれば、スペイン設定をオススメします。

ちなみに、今回のタイ航空のチケットはSkyscannerのシンガポールサイトで見つけました。タイサイトや日本サイトでの検索では出てきませんでした。

なお、言語設定は日本語のままで大丈夫です。

スカイスキャナー

 

では。

Sponsored link  

このページの先頭へ