ミャンマー、ヤンゴンの両替事情(2015年1月)

ecc99be11d2488d0bdf50f59ebe0661b_s

TABI Hackerです。

先日ミャンマーのヤンゴンに行き、現地通貨チャットの入手に少し苦労したので、両替事情について書いておきます。

ATM事情については別記事をご覧ください。

ミャンマー、ヤンゴンのATM事情(2015年1月)

 

USD、EUR、SGD以外は対応していない両替所が多い

いくつかの両替所を回ってみましたが、USD (米ドル)、EUR(ユーロ)、SGD(シンガポールドル)以外の通貨を両替できないところが多かったです。空港でも銀行でも街中の両替所のいずれもです。特に、空港では日本円を両替できるところがなかったので、注意してください。逆に上記の3通貨ならどこででも両替できました。

ちなみに、USDに関しては、特に両替しなくても1USD=1,000チャットとして使えました。タクシーでも屋台でも使えましたが、支払額は2000〜3000チャットのことが多いので、1USD紙幣がたくさんあると便利です。

街中では、1ヵ所だけ日本円からの両替に対応できるところを見つけました。スーレーシャングリラホテルとセンターホテルの間の通りにあるホワイトベイという両替所です。

 

夜中に開いている両替所は見当たらない

もう一つ注意しなければならないのが、夜中に開いている両替所が見当たらなかったことです。

上に書いたホワイトベイもWebページには月~土の9:00-19:00と書いてあるのですが、18:00頃には閉まっていました。すぐそばにあるシャングリラホテルの中の両替所(銀行の出張所)はもう少し遅くまでやっていました。

とりあえず、両替は明るいうちに済ませておくのが無難と思います。

もし、どうしても夜中に両替する必要があったら、もしかしたら大きなホテルのフロントなら対応してくれるかもしれません。

 

さいごに

ヤンゴンは比較的大きな都市ですが、バンコクやマニラのように簡単に両替所が見つかったり、夜中でも開いていたりといった感じではありませんでした。

特に日本円からの両替は苦労するので、現金を持ってくる場合は国内でUSDかEURかSGDに替えて持ってくるのが良いと思います。

ATM事情については、別記事で書きます。

では。

Sponsored link  

このページの先頭へ